互換ソフトウェア


AUTO CADの互換ソフトウェアはいくつも存在します。その中には、フリーウェアと言われる無料で導入が出来るソフトもあり、多くの方が利用しています。コストが少ないというのが一番のメリットです。ただ、無料の場合は不具合が起こった際のサポート体制が整っていなかったりするものが多いので気をつけて選ぶようにしましょう。

互換ソフトウェアその他の互換ソフトウェアはバージョンアップも実施しており、機能の充実などの点から見ても、コストパフォーマンスが非常に高いものもあります。更に多数のニーズがある事によりガイドブックの販売や、サポートするサイトも存在しています。相談するサイトもあり初心者でも安心できるポイントになっています。

互換するソフトウェアをAUTO CADの替わりに導入する企業もあります。コスト削減の一環で使用し、またそのソフトウェアで十分機能を果たすから、という意見があります。企業として必要なスペックに応じたソフトウェアを選べる時代、になったとも言えるので選択肢が広がりました。

大手ゼネコン会社にもその波は行き、コスト重視で互換ソフトウェアへ移行、または検討中という所が増えています。さらに3Dでの設計ではなく2Dでの平面図の設計にシフトすることにより、図面の量産化を図ることが出来るのです。3D図面を使う人より、2Dの設計図が根強く利用されていることが背景にあることも、一因にあります。

推奨サイト・・・Auto CAD
(AUTO CADとの互換性が高いソフトを販売しています。)