CADの今後


CADAUTO CADについて、またその互換性あるソフトウェアについて述べてきました。利用していく中で大事なのは、どこまでのスキルや用途を求めているかにあります。確かに技術が発展し、利用しやすく新たな機能が今後もどんどん増えるでしょう。AUTO CADには既にカスタマイズ出来る機能を持ち、使いやすくなっているのも現実です。建築業やアパレル服のデザイン、ジュエリーなどのデザイン向けのCADの端末まで、数々のCADシステムがあります。その作業を一月使うのか、半年使うのかをライセンスが決まっているメーカーでは決めることができます。

急速に発展するCADの進化は、単純なミスや手間を省くものとなります。また、発想はしてもそれを具現化が難しいとされていたことも可能になっています。時間の短縮と人員コストのカットは、どの業種でも真っ先に考える事柄です。あとはそれぞれの目的に向かって、日々努力を続けることが、結果として沢山のCADに触れる事に繋がるのでしょう。AUTO CADと互換性あるソフトウェアについて触れてきました。今後も想像を形にするCADシステムは今後も必要さを増して、よりよい利便性を追求して進化していくことでしょう。

ue reading »',

多彩なCADソフト


IJCAD先ほどは、AUTO CADに互換性のあるソフトウェアについて述べましたが、IJCADという高い互換性を持ったソフトがあります。インテリジャパンが販売するソフトで、日本では最も認知度が高いソフトウェアといわれています。無料のソフトウェアの存在を先ほど述べましたが、IJCADはAUTO CADよりもコストを抑えることが可能な上、永久ライセンスが発行されます。永久ライセンスは非常に好評を得ています。それはAUTO CADはライセンス期間が定められており、切れてしまうからです。ヘルプやサポートがしっかりしている点も信頼を広げた要因になり、数々の企業が切り替えています。AUTO CADと機能的にも、昔より遜色なく使える様になりました。

たくさんの互換性あるソフトウェアがあり、どのソフトを使うかはそれぞれ自由ですが、あまり知られてないソフトウェアを企業などで使う際は注意が必要です。それは違うCADを使うと、仕事上繋がりのある相手と作業する場合、変換が必要なのですが、文字や変換が上手くいかないためです。互換性をしっかり事前に準備して、リサーチをすることが大事です。CADに詳しい人にアドバイスや話を聞くのも良いでしょう。

ue reading »',

互換ソフトウェア


AUTO CADの互換ソフトウェアはいくつも存在します。その中には、フリーウェアと言われる無料で導入が出来るソフトもあり、多くの方が利用しています。コストが少ないというのが一番のメリットです。ただ、無料の場合は不具合が起こった際のサポート体制が整っていなかったりするものが多いので気をつけて選ぶようにしましょう。

互換ソフトウェアその他の互換ソフトウェアはバージョンアップも実施しており、機能の充実などの点から見ても、コストパフォーマンスが非常に高いものもあります。更に多数のニーズがある事によりガイドブックの販売や、サポートするサイトも存在しています。相談するサイトもあり初心者でも安心できるポイントになっています。

互換するソフトウェアをAUTO CADの替わりに導入する企業もあります。コスト削減の一環で使用し、またそのソフトウェアで十分機能を果たすから、という意見があります。企業として必要なスペックに応じたソフトウェアを選べる時代、になったとも言えるので選択肢が広がりました。

大手ゼネコン会社にもその波は行き、コスト重視で互換ソフトウェアへ移行、または検討中という所が増えています。さらに3Dでの設計ではなく2Dでの平面図の設計にシフトすることにより、図面の量産化を図ることが出来るのです。3D図面を使う人より、2Dの設計図が根強く利用されていることが背景にあることも、一因にあります。

推奨サイト・・・Auto CAD
(AUTO CADとの互換性が高いソフトを販売しています。)

ue reading »',

AUTO CADとは


昔は建築物や家の設計は手描きで図面を書いていました。今でも手描きの設計図を元に建築することはありますが少なくなりました。AUTOCADに代表されるソフトを使って、コンピューターで設計できるようになったからです。当サイトでは、AUTOCADやそれに関連する互換ソフトウェアについて紹介していきます。

AUTO CADはじめにAUTO CADとはオートデスク社が開発した作図ソフトです。様々なバージョンアップがされており、2D から立体部分も作図できる3D の設計が出来るなど、自由度が増し、ユーザーのニーズをダイレクトに反映させています。手描きの場合は、例えば一本の線をまっすぐ引くのにも簡単ではありません。しかしCADを使えばラインを引くツールがあるので、練習や熟練の時間を要さず簡単にできます。手間を省き効率を上げ、かつクォリティを安定して維持できることが強みの1つです。他には設計図が紙媒体と違いデータとして保存されるため、皆で共有できますし、紛失の恐れもありません。修正を入れたり変更をする際、間違って記入ミスやずれが出たとしてもカバーできることは安心できることと言えます。

AUTO CADは一昔前までは導入しようとしても非常に価格が高く、パソコン自体も高値だったこともあり、よほど精通した人でない限り購入は難しいものでした。しかし、今ではパソコンやCADも買いやすくなり使う人も増えました。簡単で正確な、CADの互換ソフトウェアについて紹介します。

ue reading »',